人見知りな私の合コンって・・・

私は人見知りです。

ilm22_bc09001-s.jpg

そんな私が初めて合コンに参加した時の話です。人数合わせの為に緊急で呼ばれたのがきっかけでした。

お酒もあまり飲まない上に、人見知りで初対面の人とは、どうしても壁を作ってしまうので普段なら絶対に断っていました。

その時は、丁度、失恋したばかりで、誘ってくれた人が、ものすごく頼んできて、一度ぐらいならいいかと、あっさり承諾してしまいました。

いざ、合コンが始まると、勝手がわからないので周りに合わせて行動しました。

自己紹介も何を言っていいのかわからずに、名前だけ名乗って後はひたすら沈黙していました。

話を振られても、一言返すだけで、会話がすぐに途切れてしまいます。

頭の中はフル回転して、幾通りの返事を用意しているのですが、仲の知れない相手だとどうしても尻込みしてしまいます。

その時点で私は来なければ良かったと後悔していました。

周りを見れば楽しそうに会話している男女のグループがいて、その場で私だけが独りぼっち。

かといって、そこから逃げ出す訳にもいかず、私はただ飲めないお酒を飲み続けました。

しばらくして、完全に孤立したと思っていた私に一人、懲りずに話しかけてくれる人がいました。

私の事が気になるのか、ただ優しいだけなのか、その人は飽きもせずに私に質問を投げ掛け続けてきます。

私もお酒の力を借りて、少しだけ心を開いていきました。

時間にすると三時間ぐらいでしたが、最終的にはその人と普通に喋れるぐらいにはなっていました。

出会ってそれだけで、普通に話せるのは、私にとってはスゴイ事で、最初は苦痛でしかなかった合コンが次第に楽しく感じるようになりました。

若い男女が合コンに積極的な理由がわかった気がします。

私みたいに、人見知りの人は難しいかも知れませんが、普段なら出会うはずのない人と出会い、仲良くなれるチャンスが出来る合コンはたまに参加するのならいいかもと思います。

私は人見知りなので合コンは嫌いですが、少しだけでも楽しさが分かったのは貴重な体験でした。

この記事について

このページは、worksiteが2013年11月28日 17:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「参加する合コンの選び方は大事だよ!」です。

次の記事は「チャラい男が大嫌いだから!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。